行政との交流会を開催しました

皆さんこんにちは!
広報担当の飯田です。

今回は、先日行われた行政との交流会をレポートします。
この行政との交流会は、枚方市と枚方JCとの間でお互いの行政活動・JC運動について紹介しつつ、交流を図るという、枚方JC設立の翌年から開催されている歴史のある事業です。
例年は、枚方市市民会館で意見交換会を行うのですが、今年は趣向を変えて、がんこ枚方店で開催されました。


<多くの枚方市役所の方、枚方JCメンバーが出席しました>

枚方市からは、伏見市長をはじめとする幹部職員の方、そして枚方JCからは姫島理事長をはじめとする今年度理事、2018年度理事予定者が主に出席しました。


<あいさつをする伏見市長>


<あいさつをする姫島理事長>


<司会の藤田実行委員長>

伏見市長、姫島理事長のあいさつの後、藤田実行委員長の司会進行により交流会が開催されました。
まずは、枚方市側から、今年の重点政策や市制施行70周年に関する事業などについて説明がありました。
私たち枚方JCも今年創立55周年だったこともあり、周年の盛り上げに関して学ぶものがあったと思います。


<施策について説明する枚方市の幹部職員>

私たち枚方JCも、昨年から推進しているキャッチフレーズとロゴマーク(枚方らしさ標語・標章)を更に広めていくことや、今年度実施したGYLや育成事業について、担当の委員長や副理事長などから説明がありました。


<キャッチフレーズとロゴマーク(枚方らしさ標語・標章)について説明する余田室長>


<GYL・育成事業について説明する大橋副理事長>

このように、私たち枚方JCは、行政とも相互に交流を行いながら、共に手を携え枚方を明るい豊かな街へとしていくために日々活動しています。
是非とも、皆さんのご理解・ご協力をいただきますよう、よろしくお願いいたします。
また、伏見市長をはじめとする枚方市役所の皆様におかれましては、お忙しい中、お時間をいただきありがとうございました。

これで行政との交流会のレポートを終わります。
次回のレポートもお楽しみに! 以上、飯田でした!

<枚方で輝いてみませんか?>

青年会議所は、20歳~40歳までしか加入出来ない団体です。
そう、若い力にしか出来ないことがある。

私たちは枚方がより面白いまちになるよう日々活動しております。
まちを良くするには?と常に仲間と考え、どうすればいいのかと様々な手法を模索し
また行動を起こし、気が付く頃には新たな自分・多くの仲間がいる事に驚くでしょう!

自分の環境を変えたい、仲間が欲しい、面白い企画を考えた!など動機はたくさんあります。
あなたのその若きパワーを枚方JCで爆発させませんか?

あなたと共に活動できる日を心よりお待ちしております!
2018年度の新入会員を募集しております。
詳しくはこちらまで!