JCI世界会議アムステルダム大会に参加してきました

皆さんこんにちは!
広報担当の余田です。

今回は、先月開催されたJCI世界会議アムステルダム大会をレポートします。

JCI世界会議は、毎年1回、世界各地のJCメンバー(JAYCEE)が集まり、要人の方の講演を聞いたりして、JCの設立目的である「恒久的世界平和」について考えることで、その世界的ネットワークを生かして目的の実現を図るために開催されている会議です。
今年は、オランダの首都、アムステルダムでの開催ということで、枚方JCからも姫島理事長をはじめとする12名のメンバーが参加しました。


~オランダ・アムステルダムのスキポール国際空港~
関西国際空港から直行便で約11時間。ヨーロッパへ到着です!

アムステルダム市内まで電車で移動しアムステルダム中央駅に到着。
ヨーロッパのターミナル駅っぽい造りで期待が高まります。

空港や駅などには、このような看板が設置され、世界大会の開催を歓迎していました。

アムステルダムの名前の由来は「アムステル川にあるダム」というもので、北海に近く、運河が発達し水運で昔から栄えた街です。アンネ・フランクが第二次世界大戦末期にナチスの手から逃れ暮らしていた建物が現在も残っています。

夜のアムステルダムの街はまさに魅力的であり、このように色とりどりの美しいライトアップがなされています。
アムステルダムの街の魅力は沢山ありますが、本題のJCI世界会議アムステルダム大会の話に戻しましょう。
世界会議では、日中、総会が開催されたり、要人による講演が行われたりと、まさに、世界中にJCがあるという、スケールメリットを実感できるような行事が行われています。
一方、夜は、各国のイベントが催され、昼とは違った雰囲気で国際交流が行われていました。
そこで、ジャパンナイトをご紹介したいと思います。


~ジャパンナイト会場入口にて~
(左から)淀副理事長、姫島理事長、姜副理事長


ジャパンナイト会場内

ジャパンナイトは、大勢の来場者で賑わっておりました。
そして、日本をアピールすべく、多くのJCや地区協議会などがブースを出展していました。

こちらは近畿地区協議会による近畿をアピールするブースです。ゲーム形式で楽しんでもらう趣向のようです。そういえば、ASPACウランバートル大会の時は射的でしたね。

最後に記念写真をパチリ。
このように、いつも活動している仲間と世界大会に訪れるというのも、学ぶべきものもたくさんありましたが、それだけではなく、とても楽しかったです。
JCに入会すると、こういう機会もありますので、是非とも一種に活動しましょう!

これでJCI世界会議アムステルダム大会のレポートを終わります。
次回のレポートもお楽しみに! 以上、余田でした!

<枚方で輝いてみませんか?>

青年会議所は、20歳~40歳までしか加入出来ない団体です。
そう、若い力にしか出来ないことがある。

私たちは枚方がより面白いまちになるよう日々活動しております。
まちを良くするには?と常に仲間と考え、どうすればいいのかと様々な手法を模索し
また行動を起こし、気が付く頃には新たな自分がいる事に驚くでしょう!

自分の環境を変えたい、仲間が欲しい、面白い企画を考えた!など動機はたくさんあります。
あなたのその若きパワーを枚方JCで爆発させませんか?

あなたと共に活動できる日を心よりお待ちしております!
現在2018年度の新入会員を募集しています。
詳しくはこちらまで!