10月度例会が開催されました

皆さんこんにちは!
広報担当の橘です。

今回は、先日行われた10月度例会をレポートします。
北京オリンピックの銀メダリストである『朝原 宣治』先生をお招きし、
「積極的な活動から生れる強い『絆や友情』」をテーマにお話頂きました。


~姫島理事長と朝原先生のツーショット~
朝原先生はアスリートなので、とても体が引き締まっておられますね。

講演前にまず姫島理事長のあいさつから。
2017年度も1年間、様々な講師の先生をお招きして例会を毎月開催してきましたが、枚方JCとして講師の先生による例会は今月が最後であること、そして、今までに学んだことを思い出して生かしてほしいことをお話されました。


<2017年度最後の対内例会であると話す姫島理事長>

そしてお待ちかね、朝原先生のご登場です!

今回も多くのメンバーが出席しています。

参加メンバーは先生の話を食い入るように聞いていました。

その中に、ひときわ鋭い眼光を放つ、我らがJC運動発信委員会の大塚委員長の姿がありました。


~己を男前だと信じてやまない、講演中もなぜか一人だけカメラ目線の大塚委員長~

朝原先生には、自らの体験をもとに「絆」とはどういうものか、ということを説いて頂きました。


印象的だったのは、オリンピックでの100m×4リレーのバトンの受け渡しは、練習で培ったもの以上に、絆でつながっていることが重要だったことを実感した、という貴重なお話を聞くことが出来ました。
そして、「苦楽を共にする仲間だからこそ真の友情が芽生える」ということを教えて頂きました。

先生の貴重なお話で、あっという間の1時間でした!

私だけではなく、メンバーそれぞれが、自分の職場や環境に置き換えてイメージができる、とても実りのある内容の講演だったと感じました。
朝原先生、この度は本当にありがとうございました。

これで10月度例会レポートを終わります。

来月は11月14日(火)に、寝屋川にて3JC合同例会が行われます。
次回のレポートもお楽しみに! 以上、橘でした!

<枚方で輝いてみませんか?>

青年会議所は、20歳~40歳までしか加入出来ない団体です。
そう、若い力にしか出来ないことがある。

私たちは枚方がより面白いまちになるよう日々活動しております。
まちを良くするには?と常に仲間と考え、どうすればいいのかと様々な手法を模索し
また行動を起こし、気が付く頃には新たな自分・多くの仲間がいる事に驚くでしょう!

自分の環境を変えたい、仲間が欲しい、面白い企画を考えた!など動機はたくさんあります。
あなたのその若きパワーを枚方JCで爆発させませんか?

あなたと共に活動できる日を心よりお待ちしております。
詳しくはこちらまで!