大阪ブロック和泉大会が開催されました

皆さんこんにちは。
広報担当の大塚です。

今回は、先日開催された大阪ブロック和泉大会をレポートします。

大阪府内各地には29の青年会議所があり、それぞれが明るい豊かな街づくりを目指して日々活動しています。
そして、年に一度この時期に、大阪府内の全JCが集まって大会を開催しています。
今年の開催地は泉州地区の和泉市での開催でした。

会場の和泉シティプラザです。

いよいよ開会です!和太鼓の演奏で盛り上げます!!

各JCの理事長紹介。姫島理事長も紹介されました。

主催者を代表して後藤ブロック会長のあいさつです。
和泉市でブロック大会が開催されることの意義、そして今般の社会・政治情勢を踏まえて、各JCが運動を行うことがより重要になっていることについてお話しされました。

続いて、地元の辻和泉市長が祝辞を述べられ、この地でブロック大会が開催されることに歓迎の意を表してくださいました。

この大会では、来年のブロック会長候補者とブロック大会の開催予定地が発表されます。

来年のブロック会長は中川紀弘君であることが発表され、来年に向けての意気込みをあいさつされました。
そして、来年のブロック大会は……

「笑顔あふれるまち」松原市で開催されることになりました!

来年の主管JCである松原JCへ大会旗が伝達され、来年に向けていよいよ始動することとなりました!
大会式典はこのように、今年のここまでの総括の場でもあり、そして来年のブロックに関する発表の場でもあります。

続いて、パネルディスカッションです。
商都でもあり、地場の伝統工芸も盛んな大阪らしく、「ものづくり」と「儲かる」をドッキングさせた内容となりました。
元MBSアナウンサーの八木早希氏をコーディネーターに、枚方JCの創立55周年記念事業にもお越しいただいた月亭八光氏、そして伝統工芸に詳しい大学の先生や作家の方にパネリストとして参加していただき、どのように大阪の産業を盛り上げていくか、についてディスカッションしました。
パネリストの方からは、「JCの力でもっと伝統工芸を発信してもらいたいのとともに、行政への働きかけをしてほしい」という、JCの持つ力に期待する声がありました。

夕方からは、会場を和泉中央公園に移し、「きらめきマルシェ」と題して大阪府内各JCが知恵を絞り地元のおいしいものを持ってきて、ブースで来場者の方に配布していました。

枚方JCは河内そうめんを出展しました。
元々は農閑期の副業として作られており、品質の高さから京都の料亭で出されるなどしていました。しかし、都市化が進んで農家が減少したこともあり、現在では生産者が1軒のみとなり「幻の河内そうめん」とも呼ばれています。
これを温かいにゅうめんにして来場者の皆様にふるまいました。

ひらにゃんこ と くらわんこ も枚方のPRにやってきました!
子どもたちに大人気!!

この大阪ブロック和泉大会の担当副委員長として枚方JCから出向している山中紀明君

枚方JCからは多くのメンバーが大阪ブロック協議会に出向しており、この大会でも重要な役割を果たしていました。朝から晩まで会場を走り回っていました。本当にお疲れさまでした!!

また、夜のステージには元光GENJIの諸星和己さんがゲストとして登場し、「パラダイス銀河」などの懐かしい曲を歌っていました。

最後に記念写真をパシャリ!

これで、和泉大会のレポートを終わります。
次回のレポートもお楽しみに。 以上、大塚でした。

<枚方で輝いてみませんか?>

青年会議所は、20歳~40歳までしか加入出来ない団体です。
そう、若い力にしか出来ないことがある。

私たちは枚方がより面白いまちになるよう日々活動しております。
まちを良くするには?と常に仲間と考え、どうすればいいのかと様々な手法を模索し
また行動を起こし、気が付く頃には新たな自分・多くの仲間がいる事に驚くでしょう!

自分の環境を変えたい、仲間が欲しい、面白い企画を考えた!など動機はたくさんあります。
あなたのその若きパワーを枚方JCで爆発させませんか?

あなたと共に活動できる日を心よりお待ちしております。
詳しくはこちらまで!