グローバルユースリーダートレーニングプロジェクト2017、開催

こんにちは。
広報担当の大塚です。

枚方JCでは、グローバルに活躍する人財を育成し、この枚方から世界へ羽ばたいてもらおうと、「グローバルユースリーダートレーニングプロジェクト (略してGYL)」を毎年開催しています。

今年ものべ3日間にわたって開催されましたので、レポートします。

【8月5日】
会場の枚方市市民会館に参加する日本人学生が集まりました。
「これから何をするのだろう?」といった感じの固い表情です。

そこに登場したのはチューターのスザンカ氏。
楽しいトークとストレッチで学生たちの心と体をほぐしてくれました。


チューター・スザンカ氏(左)

この日のスケジュールは、お2人の先生の講演を聴くというもの。

まずは、北京・リオデジャネイロパラリンピック銀メダリスト山本篤先生に
「オリンピック・パラリンピック教室~メダリストから見たオリンピック・パラリンピックの参画意義と国際感覚~」と題して、日本と海外のあらゆる違いについてご講演いただきました。


講師の山本篤先生

リオデジャネイロパラリンピックの銀メダルと銅メダルも持参され、参加者にも手にとって見せてもらいました。

ここで問題です! 
このメダルには、いかにもパラリンピックらしい特徴があるのですが、それは何でしょう? 【正解はこのレポートの最後で!】

さて、参加学生も世界トップのアスリートの話に真剣に聞き入っています。


講演の様子

質疑応答の場面では、直接話を聞くことができました!


質疑応答


参加学生と講師で記念撮影

続いて、枚方市教育委員会社会教育部文化財課長の鈴江智氏に、「くらわんか教室~枚方の歴史文化と地域資源~」というテーマで講演いただきました。


鈴江講師

枚方には百済寺跡や楠葉台場跡といった、この国の歴史を語る上で欠かすことのできない史跡が数多くあることをご講演いただき、枚方の地域資源について学びました。 この日のカリキュラムはこれで終了。2週間後の再会を誓いました。

 

【8月19日~20日】
今回は日本人学生に加えて、外国人も参加者として加わり、グローバルな内容のカリキュラムとなりました。

チューターは前回に引き続きスザンカ氏。
楽しいトークとストレッチで参加者たちの心と体をほぐしてくれました。


チューター・スザンカ氏

続いて、国際イメージコンサルタントの八木理恵先生に、「おもてなし教室~おもてなしの心と国際感覚~」というテーマでご講演いただき、異文化コミュニケーションのための「おもてなしの心と国際感覚」を学びました。


八木講師

その後、「グローカルカフェ」と題し、テーマについてディスカッションして、その成果を発表しました。


ディスカッションの様子


プレゼンテーションの様子

翌日20日は、実際に枚方の地域資源を歩いて巡りながら、英語での説明にチャレンジしました。

枚方市内を散策・英語で観光通訳体験


淀川河川公園~枚方宿をひとまわり

暑いのでかき氷でちょっとひと休み・・・・。


感想を英語で発表

枚方市市民会館に戻って、フェアウェルテスト。
今回のプログラムで参加者がどのように変わったかを確認します。


フェアウェルの様子

最後は参加者に感想と決意表明をしてもらいました。


閉会式

参加者のみなさま、おつかれさまでした!
この経験を今後に生かして世界へ羽ばたく人財になってほしい!
との期待をこめて。


全体写真

今回のレポートは以上で……………
え?メダルの秘密ですか??それでは正解発表です!

わかりますか?
スザンカ氏がメダルを耳に持っていってますよね。

ということで、正解は「メダルを振ると音が鳴る」でした。
しかも、金・銀・銅で鳴る音が違うんです。

「視覚障害のある方でもメダルがわかるように」という配慮だそうです。

それでは、今回のレポートは以上です。
最後までお読みいただきありがとうございました!