委員会事業計画

まちの未来創造委員会 委員長 鳴井 健太

 枚方には多くの魅力的な地域資源があり、その魅力の確立や積極的活用についての共通認識を市民間でより深めていかなければなりません。また、社会環境が大きく変化する中で、世代間のつながりが希薄化し、我がまちを知る機会も十分ではありません。大人から子供まで幅広い世代の市民が、まちの魅力を感じ、まちに対する愛着や誇りをもった上で、率先してまちづくりに取り組んでいくことができる環境を創造していく必要があります。
 まずは、市民一人ひとりの地域に対する愛着を深めるために、様々な団体と協働して、大人から子供まで世代を越えた市民がまちの魅力に触れ、一つの目標に向かって協働することの大切さに気付く機会となる創立55周年記念事業を企画・実施します。そして、夢と希望に満ち溢れた魅力あるまち枚方を創造するために、まちづくりに対する市民意識の変革につながる創立55周年記念公開例会を企画・実施します。さらに、より多くの市民にまちの魅力を共有してもらうとともに地域愛を醸成し、地域の一体感・連帯感を高めるために、創立55周年記念事業をはじめとする様々な場面で、市民公募で決定した枚方のロゴマークとキャッチフレーズを積極的・効果的に発信します。また、北河内地域のLOM間の連帯意識をより高めていくために、6LOMが相互に連携・協働してスケールメリットを活かした合同例会を企画・実施します。そして、市民が主体となって、他の団体とまちづくりを連携・協働して行うことの必要性や重要性をメンバーに再認識してもらうために、市民参画型の協働によるまちづくりを学ぶことができる月例会を企画・実施します。
 大人から子供まで幅広い世代の市民がまちの魅力を認識し、地域愛をもつ市民がまちづくりへの積極的参加を行い、まちに対する意識が向上するとともに、市民一体となったまちづくりが相乗効果を生み、まちに良循環をもたらし、輝かしい枚方の未来を創造します。