室基本方針

総務情報室 室長 余田 圭二郎

 枚方をより良いまちにしたいと考える市民が多数いる一方で、枚方JCの存在意義やJC運動の本質はまだ広く市民に伝わっておらず、市民との協働によるまちづくりが十分に達成されているとは言えません。理念に基づく効果的な事業を構築する上で必要な規律を遵守した円滑な諸会議運営と、意義と魅力を伝え協働につながる共感を生み出す情報発信の両輪により、JC運動を多くの市民の意識変革を伴う運動へ発展させる必要があります。
 まずは、JC運動に一人でも多くの市民を巻き込み共感を生み出すために、背景や目的といった運動の本質と、まちに与える効果までを示す、ストーリー性をもった情報発信を行います。そして、広報活動をより効果的なものとするために、現在の広報ツールを客観的に効果検証し、一貫性をもった広報戦略を構築します。さらに、JC運動を今より広く伝播するために、様々なメディアや「産・学・官・民」との連携を強化した効果的な情報発信を行います。また、JCメンバーが「情熱」をもって運動を発信できる人財となるために、情報発信の重要性や手法を学ぶ機会を創造します。そして、安定的な組織運営に向け協働の土台となる地域との信頼関係を生み出すために、規則遵守を徹底した強固なガバナンスを構築します。さらに、メンバー一人ひとりが「情熱」溢れるJAYCEEとして強い意識と自覚をもつために、JC運動の意義や方向性の理解を促し、メンバーの共感を生み出す総会を実施します。また、LOMの意思決定の根幹である諸会議を効果的な事業構築に向けた有意義な場とするために、議案精査を強化し円滑な設営・運営を実施します。
 メンバー一人ひとりが「情熱」溢れるJAYCEEとして強い意識をもって成長し、LOMとして地域との深い信頼関係と意義や魅力を伝える情報発信力をもち、共感した市民との持続的な協働が生まれ、まちに良循環をもたらし、輝かしい枚方の未来を創造します。